よくあるご質問

お花を長く楽しむためには、お花が水を吸い上げやすくすることにあります。水を吸い上げやすくする方法は、以下のものがあります。

  • 大半の花に有効な、基本の水切り方法

水の中で茎を2~5cmくらい、斜めに切って、水から上げずに30分から1 時間くらい休ませてあげます。葉は水を汚したり、花を腐らせる成分を分泌させるもの がありますので、水に浸かるところに生えている葉はあらかじめ取っておきましょう。大体の切花 は、これだけでOKです。

  • 強力なショック療法 焼く

切り口から2~5cmくらいをガス火などで炭化するまで焼き、すぐに水につけます。この時、花や葉に熱気があたらないように、ぬらした新聞紙 などで、根元以外はガードします。アザミ、シャクヤク、アスチルベ、バラなどに有効です。

  • 茎の堅い枝物は、たたく・割る

コデマリ、テッセン、アカシア、シュウメイギクなどは、根元から5cmくらいを木槌などで、砕いて水につけます。ただし、砕きすぎて切り口を つぶさないように気をつけて。砕くのは、吸水面積を広くすることが目的 です。

また、茎が固い枝物は、ナイフやハサミで、切り口に縦横十文字の切り 込みをいれてから、水につけるという方法もあります。下から5cmくらい の皮をナイフで削っておくと、さらに水が揚がりやすくなります。

  • 茎が堅く細いものは手折る

キクやリンドウなどの茎が固いもの、コデマリやユキヤナギなどの細い枝物は、茎の根元から5cmくらいのところを手で折って、水につけます。できれば、水の中で折ると、もっと効果的です。

  • 葉が乾燥しやすいものは熱湯を

切り口から5cmくらいを、20~60秒ほど熱湯につけ、すぐに水に移します。熱湯につける時間は、茎の太さや強さによって調整します。 花がたくさん付いているカスミソウやストック、葉が乾燥しやすいヒマワリ、マーガレットなどは、この方法をとるとよいでしょう。

  • 萎れかけた花は逆さまに

花を逆さまにもって、切り口の方から水をかけます。そのあと、新聞紙にくるみ、水切りをします。


よくあるご質問の一覧へ戻る