よくあるご質問

古来、男子は元服(数えの10歳~15歳)を行い、女子は髪あげ(数えの13歳) をおこなって、1人前の大人と認められました。現在では男女ともに満20歳を迎えると法律上の成人と認められ、権利とともに責任や義務をもつ ことになります。

1月の第2月曜日には、「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」として、成人式がおこなわれます。一生に一度のお祝いである成人の日には、思い出に強く残る華やかなフラワーギフトを贈るといいでしょう。


よくあるご質問の一覧へ戻る