よくあるご質問

お花屋さんなどで買うことができる切り花用栄養剤。延命剤や、活性剤とも呼ばれます。切り花を飾るときには、栄養剤をお水に混ぜることで、より長く楽しむことができます。

多すぎても少なすぎても効果がないので、決められた割合の水で薄めて使います。ミネラルを多く含む水はお花が吸い上げることができないので、水道水で薄めるようにしましょう。

栄養剤がないときには、以下のものである程度代用ができます。

  • フロストシュガー

花に砂糖をあげるとよい、ということを聞いたことはありませんか。砂糖は花にとっても栄養になりますので、ひとつまみほど花瓶に加えるとよいでしょう。ただし、普通の砂糖は吸収できませんので、必ずフロストシュガーを使って下さい。

  • 酢・アルコール、または十円玉

酢やアルコールには殺菌効果がありますので、水の腐りを遅めてくれます。また、十円玉 を入れておくと、水中の有機物質が十円玉に付着して同様の効果が得られます。

  • 液体石鹸

液体石鹸をはじめとする界面活性剤には、水の粘り気を弱くして、植物が水を吸い上げる力を強める働きがあります。花瓶に数滴ほど入れるだけで効果があります。


よくあるご質問の一覧へ戻る