よくあるご質問

お供えの場合は、白、紫が無難ですが、薄いピンクがかかっている花などやさしい色合いの花色であればかまいません。ただし、バラなど棘のある花、赤、オレンジ、などの色合いも避けたほうが良いでしょう。 お葬式の場合は、枕花、供花などがありますが、やはり白や紫、ピンクなどの色が基本です。地域によりしきたりも異なりますので、地域の方に伺ったり、専門の花店と相談して送るのが良いでしょう

  • お供え

故人の冥福を祈り、遺族の方を慰める花を贈ります。花色も白ばかりにこだわることはなく、やさしい色合いの花色であればかまいません。

  • お葬式 枕花

亡くなった方の枕元にお供えする花で「枕花」というのがあります。陶器の器などに白い花を挿しますが、これは亡くなられた身内の方が用意します。その他に小型のアレンジメントを贈り、故人を偲ぶケースも増えています。この場合は白を基調に淡いピンク色の花や紫色の花が基本ですが、故人の好きな花がわかれば、そうした花でもよいでしょう。カードや名札などに贈り主の名前を添えることを忘れずに。

  • お葬式 供花

故人の霊を慰めるために霊前に供える品物のことを「供物(くもつ)」、花のことを「供花 (くげ)」といいます。 供花としては、花輪、白い生花が多いようです。

突然花輪を届けると、喪家の方で段取りが大変になることがあります。また喪家では置く場所や その順序等を段取りしなければいけません。事前に喪家へ連絡をして、送ることが望まれます。 また、その地方によってしきたりが違いますので、専門の花店と相談して贈るのがよいでしょう。

供花の並べ方には気を付けなくてななりません。供花の並べ方は、親族身内の物や血縁の深い人ほど祭壇の上部内側に並べる決まりとなっています。また会社や友人のからの供花は、社会的な地位 の高い人のものほど上部内側に並べるのが普通です。 屋外に並べる花輪は、玄関に近いほど社会的地位の高い人のものですが、数が多かったり一定の ルールが保てそうにない場合などは順不同の但し書きを沿えた方がよいでしょう。

供花をいただいた場合、係は送り主の名前と住所を記入します。 また、花は白または黄色で構成されることがほとんどです。


よくあるご質問の一覧へ戻る