よくあるご質問

平安時代には、3月3日の桃の節句に紙でできた人形に身のけがれを移して川に流し、子供の無病息災を願う風習がありました。この風習が、江戸時代に入って子供が人形で遊ぶ「ひいな遊び」と結びついて、雛人形を飾って女の子の成長を願うお祝いの行事になりました。

ひな祭りには、邪気を払う力があるとされる桃を飾ります。合わせるお花は菜の花や桜、チューリップなど、春を感じることができるお花がいいですね。


よくあるご質問の一覧へ戻る