プレスリリース

PRESS RELEASE


JFTD花キューピット(所在地:東京都品川区 代表理事:澤田 將信)と花キューピット株式会社(所在地:東京都品川区 代表取締役:𠮷川 登)はこの度、「Flower for SDGsプロジェクト」を運営する株式会社La torche(所在地:東京都千代田区 代表取締役:秋間 早苗)協力のもと、SDGs(※1)への取り組みとその効果についてWebサイトで情報公開をいたしました。1953年から続く『花キューピット』は、お届け先に近い加盟店が新鮮なお花をお届けする生花通信配達システムです。このシステムは遠距離の移動を伴わずに商品をお届けできるためCO2の排出抑制に貢献しています。この「商品を移動させない距離」は、年間(2019年8月~2020年7月)で約3.6億km、CO2に換算すると約96.5トン (※2)の排出を抑制できたことになります。これらの貢献効果は、今後も定期的に実績値を算出し公表してまいります。
※1:“Sustainable Development Goals”の略で、2015年9月の国連サミットで採択された、持続可能でより良い世界を目指す国際社会共通の目標。
※2:注文店舗から配送店舗までの直線距離を積算。また、その距離を軽油10tトラックで輸送した想定の上、改良トンキロ法を使って算出。

 

花キューピットとは

花キューピットは、お届け先に近い加盟店が新鮮なお花をお届けする生花通信配達システムです。贈り主様の気持ちをお花に添えて、遠く離れた大切な人へお届けしています。1953年、当時まだ遠隔地に花を贈ることが難しい時代に創立者が22名の同志とともに日本で初めてスタートしました。現在は全国約4,300店からなる花店の配達ネットワークです。また133の国や地域とのネットワークもあり、海外からの注文・海外へのお届けにも対応しています。

年間約3.6億万kmの移動距離削減 、96.5トンのCO2排出抑制効果。

一般的に遠隔地へギフトを贈る場合、店舗あるいは配送拠点からお届け先へ宅配便等で配送を行います。このため、移動に伴ってCO2を排出し遠距離であるほどその量も増加します。
花キューピットでお届けの場合は、注文を受けた店舗(インターネットの場合は花キューピット本部)がお届け先近くの店舗に対して通信で連絡するためこの間の商品の移動がなく、その分のCO2排出を抑制できます。この「商品を移動させない距離」の合計は、年間(2019年8月~2020年7月)で約3.6億万km、CO2に換算すると約96.5トン*にもなります。
この貢献効果は、今後定期的に実績値を算出し、Webサイト(https://www.hanacupid.or.jp/sdgs/)で公開いたします。
* 注文店舗から配送店舗までの直線距離を積算。また、その距離を軽油10tトラックで輸送した想定の上、改良トンキロ法を使って算出。(監修:工学博士 西尾匡弘氏・・・国立研究開発法人 産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域ゼロエミッション研究戦略部・イノベーションコーディネーター)

 

また花キューピットは、お届け先近くの生花店が商品を制作し、段ボール箱や緩衝材等の梱包材を使用せずにお届け先に商品を直接手渡しするためゴミが少なく、そういった点でも環境保護に貢献しています。

花キューピットfor SDGsマーク

花キューピットのサービスが『SDGs目標達成に貢献する地球にやさしいフラワーギフト』であることを知っていただくために、オリジナルのシンボルマーク「花キューピットfor SDGs」のマークを制定しました。
全国約4,300の加盟店のネットワークを活かし、花キューピットグループの取り組みを企業や地域社会、生活者へ向けて発信し理解してもらうことで、持続可能な社会の実現を目指します。

 

協力:株式会社La torche

代表者 :代表取締役 秋間 早苗
所在地 :東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル27階
事業内容:アフリカ・アジア諸国および国内でのSDGs事業開発/SDGsプロジェクト関連(企画開発、コンテンツ開発、人材育成)/組織開発、研修事業/中高生・大学生向け教育事業/SDGsプロジェクト推進支援
公式サイト :https://www.latorche.jp/

監修:工学博士 西尾匡弘氏

1990年3月横浜国立大学物質工学専攻博士後期課程を修了。工学博士。専門は化学プロセス工学。同年4月通商産業省工業技術院機械技術研究所に入所。CCSやエネルギーマネジメントシステムなどを中心に研究に従事する傍ら、2004年3月から2007年5月まで、経済産業省環境政策課地球環境対策室に出向し、IPCC第四次評価報告書の作成支援およびCCSの技術開発関係を担当。2013年4月から2016年7月までは内閣府 総合科学技術・イノベーション会議事務局に出向し、エネルギー・環境分野を担当。現在は、産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域ゼロエミッション研究戦略部 イノベーションコーディネーターを務める。

 

一般社団法人JFTD(花キューピット)

代表者 :代表理事 澤田 將信
所在地 :東京都品川区北品川4丁目11番9号日本フラワー会館
事業内容 :花贈り・花文化の普及(花育活動含む)/花贈り・花文化に関する研究調査/花贈り・花文化の国際交流/花き産業の活性化を促進するための人材育成/花キューピット取引関連(生花通信配達取引事業)/花とみどりのギフト券発行/会員のための共同事業(共同受注事業、共同購買事業、共同宣伝事業)
公式サイト :https://www.hanacupid.or.jp/

 

■今後の展望

全国約4,300の加盟店を通じて、地域社会・生活者の皆様とともにSDGs開発目標の達成に貢献すべく、取り組み内容の発信や新たなサービスの開発を今後も続けてまいります。


■ 本件に関するお問い合わせ先
花キューピット株式会社 広報担当 三木有子
TEL:03-5436-8790 MAIL >>>